最新情報

    HOME > Q&A > 【税金豆知識クイズNo.40(減価償却資産)】

お知らせ

【税金豆知識クイズNo.40(減価償却資産)】

問題

法人で絵画を購入した場合減価償却資産として償却できるでしょうか?

法人税では、書画骨とうのように、時の経過によりその価値が減少しない資産は減価償却資産に該当しないとされています。

但し、複製のようなもので、単に装飾的目的にのみ使用されるもは、時の経過に伴い

価値が減少する物として減価償却資産として取り扱うことができます。

尚、原価償却資産に該当しない書画骨とうとは、次のようなものをいいます。

(1) 古美術品、古文書、出土品、遺物等のように歴史的価値又は希少価値を有し、代替性のないもの

(2) 美術関係の年鑑等に登載されている作者の制作に係る書画、彫刻、工芸品等

(注) 書画骨とうに該当するかどうかが明らかでない美術品等でその取得価額が1点20万円(絵画にあっては、号2万円)未満であるものについては

、減価償却資産として取り扱うことができることとしています

成長を目指す企業を八千代会計が総合的にサポート!

最新情報

TKCシステムQ&A

TKCプログラム・ダウンロード

社長メニュー(ASP版)

戦略経営者システムQ&A

毎月更新!お役立ちコーナー

病院・診療所の皆様へ

社会福祉法人の皆様へ

補助金・助成金情報

TKC戦略経営者ローン

FX4クラウドのご紹介

経営革新等支援機関

病医院の新規開業・経営改善支援

名称 八千代会計事務所 第2
代表者 税理士 藤井 統一
所属等 東京税理士会所属、TKC会員(都心会)、TKC医療経営研究会、 医療経営税務研究所 取締役
所在地 東京都新宿区新宿2-11-4
ストークビル 長崎第一・6F
TEL:03-5919-0773
FAX:03-3353-0313
(都営新宿線新宿3丁目駅上徒歩1分)
最寄り駅
・丸の内線「新宿3丁目」B2番出口
・都営新宿線「新宿3丁目」C5番出口
・東京メトロ副都心線「新宿3丁目」C5番出口