最新情報

    HOME > Q&A > 【税金豆知識クイズNo.43(死亡した家族への住民税)】

お知らせ

【税金豆知識クイズNo.43(死亡した家族への住民税)】

問題

納税者が死亡したとき、住民税の支払いはどうなるのでしょうか
財産が受け継いだ相続人が前年度分の住民税を引き継ぐことになります。
その際、複数の相続人から代表を選定する必要が生じ、納める科目ごとに申請書を提出しなければなりません。
 
住民税は、毎年1月1日現在で住民票のある自治体に住んでいた人に対しその人の前年の収入に応じて市区町村が課税します。
通常、翌年の5月末までに「住民税決定通知書」が届き、6月、8月、10月、次年の1月が1~4回の納付月になっています。
サラーリーマンは、給与から天引きされて12分割になっていいるので自営業者に比べて負担感が小さいようでが、比較的大きな額となるので注意しなければなりません。
成長を目指す企業を八千代会計が総合的にサポート!

最新情報

TKCシステムQ&A

TKCプログラム・ダウンロード

社長メニュー(ASP版)

戦略経営者システムQ&A

毎月更新!お役立ちコーナー

病院・診療所の皆様へ

社会福祉法人の皆様へ

補助金・助成金情報

TKC戦略経営者ローン

FX4クラウドのご紹介

経営革新等支援機関

病医院の新規開業・経営改善支援

名称 八千代会計事務所 第2
代表者 税理士 藤井 統一
所属等 東京税理士会所属、TKC会員(都心会)、TKC医療経営研究会、 医療経営税務研究所 取締役
所在地 東京都新宿区新宿2-11-4
ストークビル 長崎第一・6F
TEL:03-5919-0773
FAX:03-3353-0313
(都営新宿線新宿3丁目駅上徒歩1分)
最寄り駅
・丸の内線「新宿3丁目」B2番出口
・都営新宿線「新宿3丁目」C5番出口
・東京メトロ副都心線「新宿3丁目」C5番出口